HEISEI FURNITURE
三

news

お知らせ

HOME news 環境の取り組み | 平成のサステナビリティ |
環境の取り組み | 平成のサステナビリティ |

天然木工芸突板

 

近年『サステナブル』という言葉が企業ブランドの創造価値において、
重要なキーワードとなっています。

『サステナブル』とは直訳すると『持続可能な』という意味ですが、特に地球環境のことにおいては『環境を壊さず、資源を使いすぎず、地球にやさしいこと』が『サステナブル』であるとされています。未来の世代もずっと平和で豊かな生活をしていける社会、それが『サステナブルな社会』なのです。

FSC認証の取れた森林管理の規格を満たした認証林から生産された天然木工芸突板は、まさしく環境に配慮した素材であるため、私たちモノをつくる企業にとっても重要な意味を持ちます。

イタリアの優れた技術により革新的に進歩し、柾木目だけでなく、近年では板目やデザイン性に優れた突板も多く出ています。

木材を人工的に加工しているため、天然ならではの節や色むらがなく、品質がとても安定しています。また、原料が計画的に植えられている植林木のため、供給も安定して行うことができます。

私たちは2014年に取り扱いを開始して以来、より良い商品開発を目指し、日々工場で改良を行なっており、天然木工芸突板独特の加工跡などを防ぐ技術もまた、進歩しております。

天然木工芸突板で『サステナブルな社会』作りを。私たちは応援します。

一覧に戻る
▲